塗装と改修工事のプロ集団!サガテクノは、美しく、堅牢に、速く、建物を再生させます。

欠損部補修

欠損部補修工法

補修範囲の確認 欠損部及び欠損部周辺の脆弱部分を目視で確認し、補修範囲を決めます。
     
ハツリ   欠損部周辺の脆弱部分をハンマーや電動チッパーでハツリ、除去します。
     
下地処理   部分的に露出している鉄筋は、ワイヤブラシなどでケレンします。また粉塵なども除去します。
     
下地強化   欠損部に2液反応硬化型浸透強化材を塗布してコンクリート表面の脆弱部分を強化します。
     
仲介接着処理   表面層との接着を図る目的で、カチオン性樹脂モルタルを刷毛で入念に塗布します。
     
埋め戻し   欠損の状態により1〜3回にわけて高充填性樹脂モルタルを塗りつけます。但し欠損部が30mm以上ある場合は、アンカーピンを固定し補助筋で補強します。
     
養生   各層とも急激な乾燥をさけ、適切に養生します。
     

※各画像をクリックすると拡大表示されます。
欠損部補修
補修範囲の確認

欠損部及び欠損部周辺の脆弱部分を目視で確認し、補修範囲を決めます。

欠損部補修
ハツリ

欠損部周辺の脆弱部分をハンマーや電動チッパーでハツリ、除去します。

欠損部補修
下地処理

部分的に露出している鉄筋は、ワイヤブラシなどでケレンします。また粉塵なども除去します。

欠損部補修
下地強化

欠損部に2液反応硬化型浸透強化材を塗布してコンクリート表面の脆弱部分を強化します。

欠損部補修
埋め戻し

欠損の状態により1〜3回にわけて高充填性樹脂モルタルを塗りつけます。但し欠損部が30mm以上ある場合は、アンカーピンを固定し補助筋で補強します。

欠損部補修
養生

各層とも急激な乾燥をさけ、適切に養生します。

欠損部補修