塗装と改修工事のプロ集団!サガテクノは、美しく、堅牢に、速く、建物を再生させます。

下地補修工事施工計画書


クラック補修工法
ひび割れ幅0.2以上は溝ハツリを行いシーリングを充填する。
クラック補修工法

確認 クッラクスケールを用いて、クラックの状況を確認し、補修範囲を決めます。
     
Uカット   クッラク部に沿って電動カッターを用いて幅10mm・深さ10〜15mm程度にU字型の溝を作ります。
     
清掃   Uカット溝内部に付着しているハツリ片・粉塵などを除去します。
     
プライマー塗布   被着体に適したプライマーを溝内部に塗り残しの無い様に均一に塗布します。
     
シーリング材充填   プライマー乾燥後、シーリングを隙間無く充填します。充填後空気が入らないようにヘラで充分に抑えます。(乾燥期間は72時間とします。)
     
仕上げ   シーリング材硬化後、カチオン性SBR配合樹脂モルタルを塗りこみ平滑にします。
     

欠損部補修工法
欠損部補修工法

補修範囲の確認 欠損部及び欠損部周辺の脆弱部分を目視で確認し、補修範囲を決めます。
     
ハツリ   欠損部周辺の脆弱部分をハンマーや電動チッパーでハツリ、除去します。
     
下地処理   部分的に露出している鉄筋は、ワイヤブラシなどでケレンします。また粉塵なども除去します。
     
下地強化   欠損部に2液反応硬化型浸透強化材を塗布してコンクリート表面の脆弱部分を強化します。
     
仲介接着処理   表面層との接着を図る目的で、カチオン性樹脂モルタルを刷毛で入念に塗布します。
     
埋め戻し   欠損の状態により1〜3回にわけて高充填性樹脂モルタルを塗りつけます。但し欠損部が30mm以上ある場合は、アンカーピンを固定し補助筋で補強します。
     
養生   各層とも急激な乾燥をさけ、適切に養生します。
     

モルタル浮き補修工法
モルタル浮き補修工法

補修範囲の確認 テストハンマー等を用いて打診し浮きの範囲と状態を調べます。
     
マーキング   チョーク・スプレー等で浮きの範囲と穿孔位置をマーキングします。
     
穿孔   コンクリート用電動ドリルで使用するアンカーピンの直径より約2mm大きい直径の孔とし、マーキングに従い外壁に直角に穿孔します。深さは30〜40mm程度とします。
     
孔内清掃   穿孔完了後、孔の中の粉塵などを清掃します。
     
注入   エポキシ樹脂をグリスがんを用いて注入します。
     
ピンニング   注入後、規定のアンカーピンを孔最深部まで挿入します。その際アンカーピンが壁表面より出ないようにします。夏季12時間冬季24時間以上は衝撃を与えないようにします。
     
仕上   注入孔はカチオン系樹脂モルタルで充填しへこみをなくします。